プロやきうニュース

毎日のプロ野球の試合の見所をピックアップ!

ドラフト候補にも挙がらなかった中島選手の成長

time 2016/11/18

ドラフト候補にも挙がらなかった中島選手の成長

中島卓也選手は北海道日本ハムファイターズの背番号9、内野手です。

主に遊撃、二塁を守り、長打はないながらもコツコツとカットして球数を稼ぎ甘い球を待つバッターであり、玄人好みのいぶし銀の選手です。

2016年シーズンは主に二番打者あるいはラストバッター9番での起用が多く、リーグ最多のファウルを稼いでフォアボールをもぎ取り出塁すると足でかき乱す、といったプレーが定石で、打率は決して高くないながらもピッチャーからは嫌な打者として認識されています。

その粘り強い打撃と堅い守備が買われ2016年オフ侍ジャパンに選出されるなどこれからさらに輝く可能性を秘めた選手です。

 

そもそも、彼はドラフト候補の選手ではありませんでした。体も華奢で長打力もなく、足と守備はあったものの凡百の選手というのが彼の評価で、そもそも同じチームには横浜DeNAベイスターズで活躍する三嶋投手が在籍していたため、日本ハムのスカウトも三嶋選手を見に行った時たまたま見た、という経緯でスカウトの目に留まったのです。



彼のプレーのうちスカウトの目に留まったのは送球でした。守備が上手い、地肩の強い選手は多くいますが、彼のように送球が正確な選手はそうはいない、というのがスカウトの評価でした。

そうしてドラフトではほかの球団がノーマークの中指名し、大引選手との二遊間を形成しました。

show_img

しかしそこは守備の人である中島卓也選手です。バッティングは正直のところ及第点以下で、100試合以上に出場しながら打率が1割さえ切る始末でした。

そして彼は生き残りを賭け、今のカット打法を身に着けます。

dc2q0181

2016年は不動のショートとして君臨、カット打法の中島として他球団の選手にも認知され、オールスターに出場した際はあまりに三塁側へのカット、つまりファールが多いので三塁側のベンチに座る選手がグラブを構えて待機していたという逸話もあるほどに知られる選手となりました。高卒の無名選手が駆け上がったスターダムはまだ続きます。



down

コメントする